HOME > 診療内容 > 一般外来

一般外来のご案内

学会認定内科医による外来診療です。

かぜ症候群

熱・くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・のどの痛み・咳などの症状が特徴です。インフルエンザなどのウイルスや細菌(バイ菌)が原因となります。マミーズクリニックでは、学会認定内科医が、お子さまからご高齢の方まで、患者さまの生活に合った診療をするよう心がけています(インフルエンザ迅速検査あり)。
また、症状が長引く方のなかには、肺炎やぜんそくなどの病気が隠れている場合があります。血液検査レントゲン検査CT検査呼吸機能検査を用いて、的確な診断と迅速な治療を提供します。

高血圧

高血圧は、高脂血症とともに「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」と呼ばれている生活習慣病の一つです。血圧が高くても自覚症状がない場合が多く、知らないうちに、全身の血管が痛みます(動脈硬化)。脳卒中(脳出血・脳こうそく)や心臓病(心筋こうそく・狭心症)になった時にはもう手遅れで、最悪の場合は、死に至ることもあります。
高血圧は、ほとんどが原因不明(本態性)です。しかし、最近は、10%ほど(10人に1人)に内分泌(ホルモン)疾患など病気が隠れている場合があると報告されています。特に、「原発性アルドステロン症」という内分泌(ホルモン)の病気が有名です。
また、高血圧は、心臓肥大を引き起こし、あらゆる心臓病の原因となります。その予防のためには、心エコーでの定期的なチェックが必要です。マミーズクリニックでは、循環器専門医による「高血圧治療ガイドライン」に沿った、的確な診断と治療を提供します。

高脂血症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い病気です。脂質が多いこと自体は無症状のため、放置している患者さんが多いのが特徴です。そのため、高血圧と同じく、「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」と呼ばれている生活習慣病の一つです。知らないうちに、全身の血管が痛みます(動脈硬化)。心臓病(心筋こうそく・狭心症)や脳卒中(脳出血・脳こうそく)になった時には手遅れの場合もあり、最悪の場合は、死に至ることもあります。
性別や年齢、喫煙の有無や病気の有無(糖尿病・高血圧・心臓病)などで、治療内容が変わります。
マミーズクリニックでは、循環器専門医による「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」に沿った、的確な診断と治療を提供します。

花粉症

花粉によっておこるアレルギー疾患であり、おもに、アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)とアレルギー性結膜炎(目のかゆみ・涙・目の充血)が生じます。
特に、スギ花粉症の増加は著しく、国民の4人に1人、25%がスギ花粉症だといわれており、患者数はまだまだ増えています。また、スギ以外にも原因となる植物は80種類もあり、花粉症があらわれるのは2〜4月だけではなく、1年中に及びます。
マミーズクリニックでは、患者さんごとの生活習慣に合わせたオーダーメイドの治療を提供します。
また、アレルギー検査で、花粉症の原因となる花粉を調べることもできます。

胃腸症状

お腹のいたみ・はり、吐き気、むかつき、下痢、便秘などは、胃腸の病気が原因であることが多く、胃腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道炎、場合によって、胃がん、大腸がんなども考えられます。
精密検査が必要な場合は、マミーズクリニック消化器専門外来を受診することができます。
従来のものと比べて格段に楽になった、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)高性能CT腹部エコーを用いて、消化器専門医が、きめの細やかな診察をします。
また、お腹の症状には、他の病気(心臓病など)が隠れている場合もあり、胃腸疾患だけにとらわれることなく、学会認定内科医による、幅広い診断と治療を心がけています。

ぜんそく/COPD(たばこ病:肺気腫など)

咳ぜんそく

慢性的に咳が出る気管支の病気です。風邪は治ったはずなのに、乾いた咳が2週間以上出たり、夜から明け方にかけてしつこい咳が出るのは「咳ぜんそく」の疑いがあります。室内外の温度差やたばこの煙、ダニやほこり、運動、飲酒、ストレスなどの刺激に、気道が狭くなり、激しい咳の発作が起こります。「咳ぜんそく」はぜんそくの前段階。そのままにしておくと本格的なぜんそくに悪化してしまうことがあるので、早めに治療を受けることが大切です。
マミーズクリニックでは、レントゲン検査呼吸機能検査血液検査などをおこない、しつこい咳の原因を正確に調べ、治療をすすめます。

ぜんそく

アレルギーやストレスにより気管に炎症が起こり、空気の通り道である気管支が狭くなる病気です。呼吸すると「ぜーぜー」、「ひゅーひゅー」、音(喘鳴ぜいめい)がしたり、発作的に息切れが起こります。
発作や症状がなくても気道の炎症は続いているので、自分の判断で治療を中止すると、一気に悪化するおそれがあります。早めの治療スタート、継続的なコントロールが必要です。
学会認定内科医がアレルギー検査で原因を調べるほか、レントゲン検査呼吸機能検査でフォローをおこないます。

COPD・肺気腫

たばこを吸う方の20%が発症する肺の病気です。たばこの煙により、気道が細くなり、咳や痰、息切れがあらわれます。ぜんそくと異なり、細くなった気道は戻らないため、そのままにしておくと、日常生活に支障をきたすほどの呼吸困難に陥り、呼吸不全や心不全を引き起こします。
レントゲン検査呼吸機能検査をおこない、少しでも快適な生活が送れるよう治療します。

ページTOPへ